冬の白い息で

Pocket

日常の中に埋没してしまいそうな
やりきれなさに、
ほんの少し、怯えている。

飲み込まれてしまわぬように、と
呟く声が、祈りにも似て。