違和感

Pocket

過去の自分はもはや「他者」でしかない。

普通の「自分」に憧れるとは、他者を羨むことと同義だ。

過去の延長線上に現在の自分があると言うことに、どうしても違和感がある。

 

ランボーが言うところの「私は他者である」とは、

ひとりの生活者としての僕にとっては心地よく、

物書きたらんと欲するものにとっては、この上なくまがまがしい音楽と聴こえる。

 

絶対の沈黙が僕の前に立ちふさがるとき、その音は、喉元に突きつけられたナイフに変成する。

僕の発語をおびやかす、全ての見知らぬ他人の価値観たちよ、君らの仮初めの答えは、いつも僕には不十分だ。