新しくなったように見えても


 時代が新しくなっても、目先の生活はちっとも変わらない。

 ひとり一人はいつだって、自分が社会のどの部分で役に立ち、どの部分を消費し、或いは磨耗しているのか知らない。