「太宰治」井伏鱒二

 井伏鱒二の「太宰治」(中公文庫)を読んだ。  本書は、太宰治の師匠であった井伏鱒二が、二十年ちかくにわたる交遊の思い出を綴ったものである。    自分で書く言葉が、自分自身にとってヨソヨソ…

太宰治の「花」

 『太宰よ! 45人の追悼文集 さよならの言葉にかえて』(河出書房新社編集部編)を読んだ。  その中に、平林たい子の「脆弱な花」という太宰への追悼文が収められている。  その中で平林は太宰の小説につい…