怒りと寂しさ

かつて、病状がひどかった時、 言葉はいつも頼りないものに思えたし、 かといってこの指先が何かを掴むことはおろか、 触れることも覚束なかったから、 だから、僕は、 ただ、世界に、居たんだ。  …