『転位のため十篇』火の秋の物語 ――あるユウラシヤ人に――(吉本隆明)

 詩人・思想家吉本隆明の詩の中で最も好きな一編は、『転位のための十篇』の中の「火の秋の物語――あるユウラシヤ人に――」だが、なぜこの詩が好きかと問われてもうまく答えられない。  ただ、僕はこの詩を読んでいつもイメージする […]

とりとめなく

細かな雨が降り続いているような錯覚に陥っていた。 そして窓の外の花は、その雨に打たれて震えていると。 僕は、読みかけの本をまだ読んでいる。 独り、部屋に寝転がってそれに没頭してみた。 物語はいよいよ佳境に入ろうとしていた […]

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る